愛犬の万が一のために備える「ペットの保険」


普段の生活では考えもしない犬や猫といったペットたちの病気。
お散歩の途中で突然ケガをしてしまう事もありますよね。
慌てて動物病院へ連れて行ったのはいいけど、検査や手術、そして連続してかかる治療費は保険が利かないため高額になる場合が殆どです。

カワイイからこそ、誰もが助けたいと思ってお金を出しますが、できれば可能な限り費用は抑えたいものですね。
実はそんな悩みを解消してくれるサービスは、すぐ目の前にあるんです。

大切なペットに万が一の事態が起こった場合、それに備えるのが保険です。
現在は犬や猫の他に、ウサギやフェレットなどの小動物や鳥までもがペットの保険に加入できます。

保険料はそれぞれ異なりますが、家族の一員としてのペットなら万が一に備えておくことをお勧めします。
インターネットで調べてみると、保険会社によって多少の保険料に差があります。
しかし料金や内容はそれぞれ違いもあるので細かいところまで確認することが大事です。

ここでは幾つかの保険会社と保険料、そして補償内容などを記載してみます。

ipet(アイペット損害保険)

アイペットでは、手術や手術を含む入院をした時に補償が受けられる保険です。
手軽な掛け金でもしもの時も安心です。月々の保険料は780円から。手術費の90%、1回の手術で50万円までを補償してくれます。
しかもこれが年に2回まで、最大で100万円の補償をしてくれるのです。

現在では契約者数が20万件を突破している人気ぶりで、多くの愛犬家などに支持されています。

あんしんペット(少額短期保険)

少額の治療費を自己負担して保険料をおさえて、いざという時の高額治療費に備えるタイプの保険です。
月々の保険料が950円から。高齢のペットちゃんにもやさしい保険です。
通院、入院、手術はもちろん、高度治療も受けられ 全国どこの病院も対象になっています。
保険金の支払いは年間で70万円までなら日数や回数などが無制限です。

PS保険(ペットメディカルサポート)

入院、通院、手術、火葬まで補償してくれるサービスです。月々の保険料は1500円から。
2012年から2014年まで、オリコン顧客満足度ランキングのペット保険部門で3年連続で第1位の保険です。

PS保険は全国どこの病院でも対象になっており、契約は一生涯可能で補償については100%プランと70%プラン、そして50%プランの3つがあります。
特約としてペット用車イスやお別れの際の火葬費等のお支払もしています。


探せばもっとたくさんの保険屋さんがあるのでチェックしてみましょう。
ペットの入院や手術って、急な出費になる場合が殆どだと思います。
いざという時にペット保険の利用をしていれば、とても安心できます。